公益社団法人沖縄県環境整備協会|浄化槽法定検査|沖縄県南城市|環境整備協会|浄化槽|法定検査|沖縄県知事指定

 

よくある質問Q&A

 

1.Q&A 「衛生害虫編」

1.Q&A 「衛生害虫編」
 
先日清掃しましたが、虫が出ています。どうしてでしょうか?
→ 蚊やハエなどは、排水口など外から入って浄化槽内壁やパイプなどの隙間に卵を産みます。  清掃の作業では、汚泥の引抜きとバルブ操作によって浄化槽内を洗浄しますが、浄化槽はバクテリアや原生動物の力を利用して、排水をきれいな水にする装置なので、殺虫効果のある薬剤を槽内に投入することができません。このため後生動物である、ハエ・蚊などの卵も残り、生育条件が整うと孵化してこれらの生物が発生しますので防虫プレート等を槽内に取り付けておくと、一定の効果が見込まれます。
 
浄化槽内に生息しているバクテリア(微生物)はどのような働きをするのですか?
→ 浄化槽内には数え切れない程のバクテリア(微生物)が繁殖しています。この微生物の有機物を分解する働きを利用して、汚水をきれいにするのが浄化槽の仕組みです。このバクテリア(微生物)の働きによって90%の汚れが除去できるといわれています。また、浄化槽の中の微生物は15℃~30℃の環境が適しているといわれています。水温が上昇する夏など季節の変わりめは、その働きが活発になって浄化槽内が酸素不足になりやすいため、ブロワのばっ気量の調節を行うことにより微生物の活動を活発にし、浄化機能を良くします。
 
微生物とは何ですか?
→ 浄化槽で汚水を処理してくれる生物の一種で、細菌類のことをバクテリアと呼んでいます。細胞からできている生物の中で最小の生き物です。浄化槽内では、生育に対する酸素の影響で、1. 好気性細菌 酸素を必要とするもの生物、2. 嫌気性細菌 酸素がなくても活動できる生物 3.通性嫌気性細菌 酸素を必要としないが、あっても生育できるものとの、3つに分類されます。
 
マンホール周囲からハエや蚊が大量に出てきたので、マンホールを開けて殺虫剤を噴射しました。浄化槽には影響ありますか?
→ 噴射された殺虫剤の量が微量であれば問題ありませんが、浄化槽内の虫を駆除するには殺虫プレートをお勧めします。
 
EMを入れていますが、処理機能に影響はないですか?
→ 浄化機能に影響を与えるものではないですが、保守点検が定期的に実施され、浄化槽本来の処理機能が発揮されていれば、あえて入れる必要はありません。
 
浄化槽のブロアが故障したまま、使用してきたせいでしょうか? トイレから、虫が出ています。どのように対処したらいいでしょうか?
→ 空気を送り込むブロアが停止した状態で浄化槽を使い続けると、密閉された空間になるので、空気の流れが遮断されて循環されにくいために、槽内部の空気が停滞された状態で汚泥が堆積されると、嫌気化されてメタン菌によるメタンガスが発生したり、アンモニア性ガスが発生したりして腐敗(硝化)がすすむので、衛生害虫の発生源となってしまうことがあります。害虫駆除してあとに正しく保守管理をするようにしてください。
 
夜中にトイレに行ったときに、トイレの水たまりで、ねずみが泳いではいあがろうとしていたので、慌ててトイレの水を流したのですが、また出てこないでしょうか?
→ ネズミは水で流したくらいでは死滅しませんので、再びまた出てくる可能性があります。排水管のメンテナンスをしないと、管内部は暗きょで一定の温度が保たれるので、放流管側からネズミなどの小動物が入り込んでくる場合もあります。また浄化槽を使用している場合は、汚泥の上に巣を作ることがあり、巣作りに使用する枯葉やゴミを持ち込んだりするので、放流管が目詰まりして、つまることがあります。保守管理・清掃をすることで、衛生上の問題は改善されるので、早急に県知事の登録を受けた保守点検業者や排水管洗浄業者にご相談ください。
qrcode.png
http://oema.or.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

公益社団法人
沖縄県環境整備協会
〒901-1202
沖縄県南城市大里字大里2013
TEL.098-835-8833
FAX.098-835-8832

─────────────────
浄化槽法定検査
─────────────────
沖縄県知事指定検査機関
沖縄県指令環第168号
<<公益社団法人沖縄県環境整備協会 >> 〒901-1202 沖縄県南城市大里字大里2013 TEL:098-835-8833 FAX:098-835-8832