本文へ移動

よくある質問Q&A

1.Q&A 「衛生害虫編」

先日清掃しましたが、虫が出ています。どうしてでしょうか?

→ 蚊やハエなどは、排水口など外から入って浄化槽内壁やパイプなどの隙間に卵を産みます。  清掃の作業では、汚泥の引抜きとバルブ操作によって浄化槽内を洗浄しますが、浄化槽はバクテリアや原生動物の力を利用して、排水をきれいな水にする装置なので、殺虫効果のある薬剤を槽内に投入することができません。このため後生動物である、ハエ・蚊などの卵も残り、生育条件が整うと孵化してこれらの生物が発生しますので防虫プレート等を槽内に取り付けておくと、一定の効果が見込まれます。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

2.Q&A 「使用方法ついて」

動物を飼っているのですが、排泄物はそのまま流しても浄化槽に影響はありませんか?

→ 動物の排泄物の汚水濃度は人の10倍以上も高いといわれています。浄化槽に流入すると処理が難しいため、できれば流さずに、燃えるごみとして処分して下さい。但し、ペット可マンションについては、個別にその対応がされていると思われるので、詳しくは物件管理している大家さんへ確認して下さい。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

3.Q&A 「保守管理編」

保守点検や清掃はどうしてもやらないといけないのでしょうか?

→ 保守点検や清掃を行わないと、浄化槽内に汚物が溜まりすぎて汚水の処理ができなくなります。処理が出来なくなると次のことが起こります。・浄化槽が詰まり、排水が流れなくなります。・ 浄化槽が詰まり、汚水がマンホールから汚水があふれます。・ 浄化槽内で虫やハエなどが発生しやすくなります。・ 浄化槽処理機能に負荷がかかり、破損や浄化機能の低下を引き起こします。・ 処理が不充分な排水がそのまま河川や側溝に流れ出し、悪臭の原因になります。また、ノロウイルスや0-157など、人から人へ感染するウィルスが発生する要因を引き起こします。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6

4.Q&A 「設置・稼働状況編」

ブロワの音がうるさいので設置場所をかえてもいいですか?

→ 移動は可能ですが、出来るだけ、浄化槽本体の近くに設置してください。ブロワと浄化槽本体との間に、距離が長設置されると、ブロワの能力が低下し、処理機能に影響を及ぼす可能性があります。また、移動にあたっては漏電や故障などを防ぐため、保守点検を委託している維持管理業者にお任せすることをおすすめします。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9
公益社団法人   沖縄県環境整備協会
098-835-8833
FAX.098-835-8832
 
〒901-1202
沖縄県南城市大里字大里2013

浄化槽法定検査
沖縄県知事指定検査機関
沖縄県指令環第168号
TOPへ戻る